スタッフブログ

【壊れたiPhone】外装ジャンクって何?【買取】

2021/08/23
【iPhone/iPad】 , 【スタッフブログ】 , 【売る前のポイント】

こんにちは。モバイルステーションです。

長いこと買取を続けてますと、お客様よりこんなお問い合わせをよくいただきます。

↓ ↓

Q.壊れたiPhoneは買取ができますか?

ズバリお答えしましょう!

『買取可能』です!

…とはいえ、一言に「壊れた」といっても様々な症状があります。
またそれによって、買取金額が変わる可能性もあります。

故障品は一般的に「ジャンク品」と呼ばれますが、
当店では症状によって『外装ジャンク』『動作ジャンク』の2段階に定めて査定をいたします。
(外装ジャンク品の方が動作ジャンク品よりも高く買取査定ができます。)


さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今回は『外装ジャンク品』について、写真とともに説明したいと思います。

・画面割れ、背面割れ
一番お客様からのご相談が多いのがこちらの症状です。

最近では「iPhoneの画面は強くなった」と言われますが、それでもデリケートであることには変わりません。
落としてしまったり、ぶつけてしまったりすると割れてしまいます。
特にiPhone8以降の機種からは本体背面もガラス張りとなってますため、画面同様に注意が必要です。
なお、割れ方で価格が変わることはありません。
1センチにも満たないヒビから、全体的なガラス割れまで、全て同じ『画面割れ』査定、
あるいは『背面割れ』査定となります。
img_0608img_0619


・アウトカメラ割れ
カメラレンズもガラスであることを忘れてはいけません。画面割れほどではありませんが、よくお見かけする症状です。
こちらも割れ方の度合いで価格は変わりません。ヒビから、写真に映り込む程の割れ方まで同じ査定となります。
img_0612
※注意点といたしまして、カメラ割れ以外の原因によるカメラ不良は『動作ジャンク品』となる可能性があります。


・液晶不良
写真のように、液晶画面に線が入ってしまうものがとても有名です。
動作に問題がなく普通にタッチできることも多いため、そういった場合は外装の不具合として査定をいたします!

068ddea1628c90971adc4fc12421acb0

ご注意いただきたいこととして、よく見落としがちな症状が『光抜け』と呼ばれるもの。
こちらも液晶不良の一種ではありますが、
下の写真のように白い画面にするとよくわかります。白い斑点のようなものが見えております。
こちらが「光抜け」です!
img_0615


・非純正パネル
町の修理店で画面修理を行った際に取り付けられるものは、apple社製の物ではない、互換品であることがほとんどです。
その場合、画面の色味が異なったり一部機能が制限されることがある為、今の状態では割れていなくても、
「外装ジャンク」として査定いたします。
dbc07bd29ec22a99dac7c322de7f1751


・フレーム歪み
ポケットに入れたまま椅子やソファに座ると、フレーム全体に強い圧力がかかり、
iPhoneが折れ曲がってしまうことがあります。
また、こちらはサイズが大きいiPadにもよく見られる症状です。
カバンに入れて持ち運びの際はご注意ください!
%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0%e6%ad%aa%e3%81%bf


・パネル浮き
先述のフレーム歪みや、内部のバッテリー膨張などで画面パネル浮き上がってしまった症状です。
中にはフレームとの間に隙間が生じているものも!
img_0642


いかがだったでしょうか。

なお、今回紹介させていただきました商品は「故障品(ジャンク品)」ではありますが、買取可能です。

もう一度言います。

全て 「買取可能です!!」


次週は、もう一つの故障品のカテゴリーとなる

「動作ジャンク」

について、紹介したいと思います!

To be continued…!

このブログの続き

関連記事

キャリア別検索

  • NTT docomo
  • au
  • softbank

IPhone特設コンテンツ

おすすめコンテンツ

  • STAFF BLOG BLOG限定のおトクな情報も

オンライン買取の流れ

  • まずはオンライン査定
  • お申込み
  • 携帯発送
  • 到着・入金

詳しく見る