スタッフブログ

iPhone11 VS Xperia5 ~どちらがお好み?? スペック比較!~

2020/02/05
要チェック機種

こんにちは、モバイルステーションです!

iPhone11、すっかり当店の買取でもお馴染みとなりましたが、
新規購入、もしくは機種変更の端末としてご検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
前回、GALAXY S10+ と iPhone 11 Proを比較しましたが、
今回は、昨年11月に発売されたandroid端末、Xperia5と比較してみようと思います!
こちらも人気のあるXperiaシリーズですので、気になる端末ですね!
それでは、早速参りましょう!

iphone8%e3%81%a8xperia5


◇外見

まずは外見!毎日持ち歩くものですし、ここは重要ですよね。

11Xperia5

左がiPhone11、右がXperia5です。

見た目はどちらもシリーズのイメージを正統に引き継いだ、「らしい」デザインではないでしょうか。
iPhoneの丸みを帯びた形、Xperiaのスタイリッシュでスリムな形。どちらも良いものですね。

カラーリングとしては、
iPhone11は、ブラック、ホワイト、レッド、パープル、イエロー、グリーンの6色。
iphone11

Xperia5は、ブルー、グレイ、ブラック、レッドの4色(ソフトバンクのみグレイ、ブルー、レッドの3色)。
Xperia5

ぱっと見た印象だと、11は可愛らしくポップな印象のカラー、Xperia5は落ち着いたダークな印象のカラーですね。
11シリーズでは、11 Pro・11 Pro MaxがXperiaと似た印象のカラーを展開しているので、
「11でも、もう少し落ち着いた色のものがいい」という方は、そちらを検討されるのも良いかもしれませんね!

それでは、次は気になるスペックです!

◇スペック

名称 iPhone11 Xperia5
価格・容量 64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
90,720円(発売当初)
サイズ・重量 高さ:150.9 mm
幅:75.7 mm
厚さ:8.3 mm
重量:194 g
高さ:158 mm
幅:68 mm
厚さ:8.2 mm
重量:164 g
ディスプレイ 6.1インチ
Liquid Retina HD
1,792×828
6.1インチ(21:9)
有機ELディスプレイ
2,520×1,080
CPU A13 Bionicチップ Snapdragon 855
カメラ デュアルカメラ
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
トリプルカメラ
超広角:f/2.4
広角:f/1.6
望遠:f/2.4
防塵・防水 IP68
防塵6:あらゆる大きさの固形物、
粉塵が内部に侵入しない
防水8:最大水深2メートルで、
最大30分間防水機能を保持する
IP68
防塵6:あらゆる大きさの固形物、
粉塵が内部に侵入しない
防水8:最大水深1.5メートルで、
最大30分間防水機能を保持する
バッテリー 詳細不明

ビデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大65時間
3,140mAh
簡単にですが、基本的なスペックをまとめてみました。
お値段的には256GBモデルとXperia5が同じくらいの価格ですが、
今は各キャリアショップで違いがあるようなので、ご購入の際は必ずご確認を!

次はサイズ
11に比べるとXperia5は細長いです。横幅がスリムなので持ちやすくて見やすい、という感じでしょうか?
そして意外なことに、どちらもディスプレイサイズ自体は6.1インチなんですよ。
Xperia5は前述のとおり細長いため、全然印象が違いますよね。

Xperia5は有機ELディスプレイを採用しているので、非常に色が鮮やかに見えます。
動画・画像も美しく映し出してくれるので、お気に入りの動画や画像をより楽しむことができるでしょう。

対してiPhone11は液晶ディスプレイのLiquid Retina HDを採用しています。
色の鮮やかさでは一歩劣りますが、それでもAppleの製品であるだけあって、その精細さ、美しさはお墨付きです。

……と解説いたしましたが、実際、個人的な感覚としては、並べてよく比べて、
「ああ、確かに有機ELのほうが綺麗だな」と思うくらいの違いです。
どちらも、普段使う分には何ら問題のない綺麗さですので、ご安心を。

お次はスマホの頭脳、CPU
どちらも高性能、フラグシップモデルに載せるにふさわしいSocとなっています。
Socとは簡単に言うと、これが高性能であると、

・動きがスムーズに、アプリをたくさん開いても、もたつかない
・発熱しにくくなる
・バッテリー持ちがよくなる


……といった感じだったりします!

※注
ざっくりとまとめたので、詳しく知りたい方は検索してみると面白いかもしれません。
AppleのSocは初期からかなり高性能であるのに対し、
androidのSoc(代表的なものはSnapdragon、HuaweiのKirin等)は年々代を重ねるごとに良くなってきている等。


話を戻しましてカメラ
11がデュアルカメラ、Xperia5がトリプルカメラ
11シリーズが発表された辺りから、トリプルカメラを搭載する端末が増えましたが、
Xperia5も前身であるXperia1で搭載したものを引き継ぐ形でトリプルカメラを搭載しています。
11シリーズは11 Pro・11 Pro Maxがトリプルカメラを搭載していますが、
こちらはスタンダードモデルとして設計されたためか、従来と同じデュアルカメラを搭載しています。
11 Proとの比較の際も書きましたが、望遠カメラをお使いになる方ならトリプルカメラの方が、というくらいで、
そうでなければ、ここは好みでいいかもしれませんね。

防塵・防水性能は、ほぼ同格です。
急に雨が降ってきた!、など、どうしても水に濡れてしまうことはありますから、
ここがしっかりしているのは、利用者としては有難いところですね!

最後にバッテリー
Appleは公式でもどれくらいの容量なのか公開していないので、純粋な比較ができないのが惜しいところです。
ただ、どちらの端末も、その前に発売されたシリーズと比べると、
かなり電池持ちは良くなっているという評判ですので、
ハードな使い方をされる方も安心できるのではないかと思います。

◇最後に

ざっくりと比較してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?
ご検討いただく際に、少しでも参考になりましたら幸いです!

そして当店、モバイルステーションは全国5店舗でスマートフォンの買取を行っています!
新しい端末へ買い替えた際は、不要になった端末を買取査定へ出してみてはいかがでしょうか?

まずは無料査定から!↓↓

携帯電話買取査定

関連記事

キャリア別検索

  • NTT docomo
  • au
  • softbank

IPhone特設コンテンツ

おすすめコンテンツ

  • STAFF BLOG BLOG限定のおトクな情報も

オンライン買取の流れ

  • まずはオンライン査定
  • お申込み
  • 携帯発送
  • 到着・入金

詳しく見る