携帯電話買取査定

買取の際にご確認を!保証書のアレコレ

14.07.02スタッフブログ

こんにちわ、本日は高橋が買取時の保証書についてご説明いたします。

保-表紙

♪~高橋的にはここで音楽が流れるイメージ~♪

今回お話いたしますのは、当店の査定ランクSランクに当てはまる

機種を対象としたものになります。

(※Aランク~Cランクには当てはまりません。)

 

まず、皆様が携帯電話を開通させる際、保証書の確認はしておりますか?

これが!手放す際には大事なところではございますので

お役にたてればと思います。

 

では……いくつかのパターンをご紹介いたします。

Sランクとして必要な事項を全てクリアしている保証書

保-有効

・端末、外箱、保証書の製造番号が合致している

・購入日に日付があり、かつ保証期間内

・販売店の店印が押してある

モバード2この3点がそろっていればOKでぴよ!!

と、モバード先生もおっしゃっております。

さて、次は

誠に申し訳ございませんが今までにやむなく減額基準となってしまった保証書の

ご紹介をいたします。(以後製造番号は合致しているものと想定)

記入・印が無い未記入の保証書

保-未記入

この場合の査定は保証書未記入』となり、査定額に準じた減額の対象となります。

販売店の印が無い場合

保-日付のみ

こちらも②同様、『保証書未記入』となり査定額に準じた減額の対象となります。

訂正が必要な場合の保証書

保-訂正Ver

訂正印が無い場合は①の内容をクリアしていたとしても、

欠品の査定となり、SランクからAランクに査定変更となってしまします!!



モバードむーん『ぬぴぴぴ…それは酷でぴ…』

高橋}ごめんね;

このような事例があり、お客様には大変お手数ではございますが、査定の前に

今一度『保証書』の確認を呼びかけている次第でございます。

 

※今回docomoさんでのご説明となりましたが当店で取り扱っている
ものはすべて同様の内容となっております。

それでは保証書にまつわる査定話は以上とさせていただきますが、ご不明点等あれば

なんなりとお問合せ下さいませ。

お手元の保証書で気になる点があれば状況をお伝え頂けましたら端末の査定額と

減額の有無をご返答いたします。

 

それでは今後ともモバイルステーションをよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

この記事を書いた人
pastec

パステックのLINE@を始めました!

友だち追加数

最新情報やお得なキャンペーン、価格やその他のカンタン問い合わせなどが可能ですので、皆さん、ぜひ「お友だち」になってくださいね。LINE公式アカウントページはこちら

月別アーカイブ