携帯電話買取査定

iPhoneの水没マーク~iPhone4・iPhone4S編~

14.06.04ウェブ情報

水没判定シールって?

 

携帯電話にはほとんどの機種が水没判定シールがついています。

何のためについているかというと、実際に正常な状態なのか、水濡れで故障しているのか判断するためについています。

ご存知かと思いますが、携帯電話は精密機器なので内部に水が入ると、壊れやすいです。

水没反応がでていても正常に動いているケースはあります、ただ年月を経て基盤が腐食していくケースもありますので

ぜひ中古携帯電話を購入するときなどチェックしてみてくださいね^^

iPhoneの水没マーク

 

iPhoneは内部(分解しないと見えない部分)と外部(目視で見える部分)に水没シールがあります。

目視で見える水没マークについてお伝えしていきますね!

今回はiPhone4と4Sをご説明いたします(次回に5、5S、5Cについて更新したいと思います)

8109

iPhone4・iPhone4Sどちらも水没マークの場所は同じです。

1つ目はイヤホンジャックの穴の奥の部分、2つ目は充電差込口の奥の部分です。

どちらも奥のほうにあるためとても見えずらいです。

小型のライト(100円SHOPなどで売っています)で中を照らさないとあまりよく見えません・・・。

 

8101

実際にライトで照らして、中を見てみました。

少し見えずらいですがシールは白なので正常です。

 

続いて、充電差込口です。

8107

こちらもライトで照らさないと見えずらいです。

こちらは残念なことにシールは赤に染まって反応しています・・・。

シールが白から赤(ピンク)に変色すると「水没反応あり」の状態です。

次回はiPhone5、5S、5Cの水没マークについてご説明いたしますね^^

よかったら、いろいろな情報を配信していきますので

役に立った場合イイネ押してくれたらうれしいです(^^)

 

油利

この記事を書いた人
油利

パステックのLINE@を始めました!

友だち追加数

最新情報やお得なキャンペーン、価格やその他のカンタン問い合わせなどが可能ですので、皆さん、ぜひ「お友だち」になってくださいね。LINE公式アカウントページはこちら

月別アーカイブ