スタッフブログ

  • TOP
  • スタッフブログ
  • >アップル「iOS 10」「iPhone」をもっと便利にする15の機能 モバイルステーション 福岡店

アップル「iOS 10」「iPhone」をもっと便利にする15の機能 モバイルステーション 福岡店

2016/06/24
【iPhone/iPad】 , 【iPhone】まめ知識 , 【iPhone】歴代まとめ , 【スタッフブログ】

00_m

Appleは年次開発者会議「Worldwide Developer Conference」にて「iPhone」と「iPad」向けの新ソフトウェア「iOS 10」を発表しました。

iOS 10には、「Siri」音声アシスタント、写真、地図などに関する新機能が大量に盛り込まれているからだ。
「iOS 10」の新機能

AppleのiOS 10は、「iPhone 5」とそれ以降のiPhoneであれば実行することができる。(「iPhone 4」と「iPhone 4s」は対象外)

iOS 10は、開発者向けには既に公開済みで(開発者は新機能の利用を開始することができる)、一般リリースは2016年秋に予定されています。(パブリックベータ版は7月に公開予定)

iOS10 1. インタラクティブ性の高いメッセージ
ミラーボール、インビジブルインク、大量の絵文字。これらはすべてAppleがiOS 10の新しいMessagesアプリに追加した機能であり、
ソーシャルメッセージングの現在のトレンドを反映しています。
・URLを貼り付けたときに写真と動画を表示するリッチリンク
・カメラと写真ギャラリーへのアクセス改善
・絵文字が予測候補リストに表示される(単語をタップして絵文字に置き換えることが可能)
・チャットダイアログで絵文字の表示サイズがこれまでの3倍に
・テキストの吹き出しのサイズを極小から極大の範囲で選ぶことができる
・吹き出しをダブルタップして、リアクションを送信することができる
・指でこすらなければ読むことのできない、インビジブルインクのメッセージ
・アニメーションで動くステッカー(「JibJab」風)
・「Apple Pay」を使ってメッセージから友人に直接支払い(一部の国のみ対応)

2. ハブに近づいたロック画面
・本体を持ち上げてスリープ解除し、ロック画面を表示
・3D Touchを使って通知にアクセス
・ロック画面からメッセージに返信
・右にスライドしてカメラを起動
・左にスライドしてウィジェットを起動
・新しい「Home」アプリにアクセス

siri_m
3. お気に入りのアプリでSiriの音声コマンドを使用する
Appleは新たなオープン性というテーマを拡大して、アプリメーカーがSiriを利用できるようにしているため、
Siriへの音声命令によって他社のアプリでもさまざまなタスクを実行できるようになる。

4. 「Mac」で買い物をしてiPhoneで支払い
今でもiPhoneにかかってきた電話をMacで受けることは可能だが、MacとiPhoneのソフトウェアの変更により、決済も可能になる。
たとえば、ノートブックで買い物をしているとしよう。支払いの段階になったら、
親指をiPhoneのホームボタンに当てて、全く別の端末で行われている買い物を「Touch ID」で認証することができる(一部の国において、取引相手がApple Payのパートナーの場合)。
Apple Payは一部の国においてiOS版「Safari」でも利用可能になる。

ホームボタンに親指を置いて、別の端末の決済を認証することができる。
ホームボタンに親指を置いて、別の端末の決済を認証することができる。
提供:CNET
5. 文字入力の際に手の負担を軽減する新しいキーボード機能
文字を入力しているとき、Siriはユーザーのやりたいことや言いたいことを推測して、
必要と思われる情報(連絡先の電話番号など)やアクション(ディナーの予約をカレンダーに追加するなど)を提案できるようになった。

6. あらゆる画面からスマートホームを制御
アップル、「HomeKit」専用アプリ「Home」を「iOS 10」でスマートホーム製品を一元管理
画面をさっとスワイプして「Control Center」を呼び出すと、Appleの「HomeKit」と連携する自宅の機器(玄関のインターホンカメラなど)に素早くアクセスできる。
さらに、新しいHomeアプリでは、すべてのHomeKit対応機器のコントロールが1つの画面に集約されるため、機器を1つずつ調節したり、
「シーン」(プロファイル)の一部として調節したりできる(他にも嬉しい機能がある。「Good morning, Siri」、
つまり「おはよう、Siri」と呼びかけるか、Homeアプリでそれをタップすると、モーニングシーンを起動することが可能)。

7. iPhoneのURLをMacに、MacのURLをiPhoneに貼り付け
iPhoneとMacの橋渡しをする「Continuity」と呼ばれるソフトウェアセットにユニバーサルクリップボードが追加された。
これを使えば、URLなどのテキストをMacにもiPhoneやiPadにも貼り付けることができる。

8. 写真の発見がさらに簡単に
iOS 10は顔認識ソフトウェアを使って、人、場所、イベントのアルバムを自動的に作成する。
そのため、写真を整理する作業が大幅に減るほか、写真を探すのが格段に簡単になる。

9. スマートフォンと自動車向けの地図機能が向上
Appleも遅れを取り戻すべく懸命に努力している。刷新された「Maps」アプリで上にスワイプすると、
さまざまな提案が表示される。代替ルートや経路の交通情報のほか、ガソリンスタンドやレストランも表示され、
さらに、給油にかかる時間も教えてくれる。同アプリからUberを予約することもできるし(追跡も可能)、
OpenTableでディナーのレストランを予約してApple Payで決済(一部の国のみ)することも可能だ。これらすべてをMapsアプリから離れることなく実行できる。
「CarPlay」を使用している場合は、車載機器がターンバイターン方式のナビゲーションを読み上げてくれる。

10. 「Music」アプリの再設計で楽曲再生中の歌詞表示が可能に
完全に再設計されたMusicアプリの主な特徴は、歌詞、発見、お薦めの3つになります。
サードパーティーのサービスを使わない音楽ファンは、今回の新機能によって、以前より簡単に音楽を発見できるようになります。

11. 自動作成される写真アルバムと動画ハイライト
アップル、iOS 10で「Photos」を刷新–思い出をよみがえらせてくれる「Memories」機能
「iOS 10」の「Photos」アプリで「Memories」タブをクリックすると、
自動作成されたアルバム(前ページの8を参照)と動画ハイライトが表示される(たとえば家族旅行というテーマで作成されたもの)。
写真や動画が撮影されたあらゆる場所の地図や、その他の関連コンテンツ、たとえば祖父や祖母も参加した別のイベントなども確認できる。

12. アドレス帳から友人に連絡する新しい方法
筆者は連絡先情報がさまざまなチャットプラットフォームに散らばってしまっている。
そのため、サードパーティーアプリ(What’sAppなど)上の友人に、連絡先カードから直接、簡単に連絡できるようになっている。
同様に、さまざまなサービスからのVoIP電話は、ロック画面と最近の通話履歴に統合される。
iOS 10には、ボイスメールを文字に書き起こしてくれる機能も含まれる。
サードパーティーアプリを使って、見知らぬ相手からの電話がスパムかどうかを確認することもできる。

13. 購読している雑誌を「News」アプリで読む
一部の国で利用できるNewsアプリでは、今でもニュースフィードがしゃれたレイアウトで表示されるが、
iOS 10では、The Wall Street Journalなど、既に購読しているコンテンツも表示されるようになる。
ニュース速報の通知も表示される。かつての「Newsstand」は最初からこうあるべきだった。

14. 不要なAppleアプリを削除
1度も使用したことがなく、実際には不要なアプリがホーム画面にある人も多いはずです。iOS 10では、そうしたアプリを削除できる。

 

不要なAppleアプリを削除出来るのはすごくいいと思います!!

 

iPhone・iPad・スマートフォン高価買取いたしております!!

携帯電話買取査定

福岡店ではiPhoneの修理やってます!!

https://iphone-r.jp/BranchOffice/Fukuoka/

宜しくお願いいたします。

 

addfriends_ja

モバイルステーションではTwitter、FB、LINE@などのSNSのアカウントより買取情報を提供しています!
Twitter – https://twitter.com/mobilestation_
FB – https://www.facebook.com/mobilestation201
LINE@ – @mobilestation
是非フォロー、お友達追加をよろしくお願いします!!

LINEはQRコードをからもお友達追加出来ます!!

mobilestation

LINEをお使いでない場合はこちらからインストール!!

btn_android btn_iphone

関連記事

キャリア別検索

  • NTT docomo
  • au
  • softbank

IPhone特設コンテンツ

おすすめコンテンツ

  • STAFF BLOG BLOG限定のおトクな情報も

オンライン買取の流れ

  • まずはオンライン査定
  • お申込み
  • 携帯発送
  • 到着・入金

詳しく見る